Pocket

冬はコタツでテレビを見ながらみかんを食べますよね!

あなたはみかんを食べた後の『』をどうしていますか?

みかんを食べた95%以上の方がごみ箱にポイと捨てるでしょう!

しかし、みかんの皮には肩こりに効くリモ○○が豊富に含まれています 😉

これからみかんを食べる時にはこのブログを思い出してくださいね(^^♪

では、さっそく内容に入ります!

肩こりに効果的なみかんの成分とは?

みかんは主に『ビタミンCやクエン酸』がどの果物よりも豊富に含まれており、肩こり以外にも『肌荒れ、ニキビ、体臭にも効果的だと言われています。

また、みかんのような柑橘類のさわやかな香りには『アロマテラピーの効果』もあるためリラックスできストレス解消につながる作用があります。

つまり、お風呂にいれることで相乗効果に期待がもてるのです 🙂

そして、みかんの成分の『リモネン』には、汚れを落とすような効能や汚れを、吸着する効能があるため水垢の防止にもなり、お風呂のお掃除が楽になるメリットもあります。リモネンが肌の表面に膜を作ることで保温作用となり、入浴から50分ほど保温効果が持続します。

ですから、皮をすてるともったいないですよ!

但し、柑橘類は刺激が強いので、人によって合う合わないがありますので、少量から試されることをお勧めします 😛

肩こりに効くみかん風呂の作り方

上記の写真には果実が入っていますが、刺激が強いのでおススメしません。

作り方は、ミカンの皮を一週間ほど天日干しします(この方法が一番良)
*厳しい場合は電子レンジで約5分ほど温めると良いです。

次にミカンの皮を細かく切り、布袋に入れて湯に浮かべる。
*敏感肌の方や乳幼児は注意が必要!

これで完成です!

続いて効能のお話しです。

  1. 血行促進
  2. ・かぜの予防
  3. ・冷え性の改善(保温効果)
  4. ・リウマチ、神経痛の緩和
  5. ・保温効果(身体が温まります。)

最後に利用上の注意です。

柑橘系の精油には紫外線に反応して肌のトラブルを起こす作用があるので、外出前の使用は控えましょう 😕

肩こりまとめ

柑橘系の代表ともいえる『みかん』の画期的な使用法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

みかんは肩こり、肌荒れ、ニキビ、体臭、血行促進、かぜの予防、冷え性の改善、保温効果、リウマチ、神経痛の緩和に効果的です。

肩こり以外にも効くみかん!

これからみかんを食べた後、皮を捨てずにお風呂に浸けて上記のような症状を緩和させるために使用してみてはいかがでしょうか?

参考までに!

最後までご覧いただきありがとうございます 😛 

もし、この記事が良いなと思った方は「シェア・リツイート・ブックマーク・いいね」をしていただけると嬉しいです 😉

Facebookで「シェアorいいね」していただけると、周りで苦しんでいる方へ知識の共有ができます ➡

はてなブックマークで「ブックマーク」すると、もう一度、読みたい時に続きから読めます 💡

Twitterで「リツイート」していただけると、周りで苦しんでいる方へ知識の共有ができます 😉

カイロプラクティック「にほんブログ村」を”ぽちっと押して”頂けるとブログをもっと頑張れます 😆

以上、大分市で整体×カイロプラクティックを混ぜた根本施術を得意とするバード整体院の投稿でした!

当院は”カイロプラクティック×整体”を混ぜた根本改善施術を行っている整体院です:-P

主な症状としては『肩こり・腰痛・頭痛・膝の痛み・自律神経の乱れ』を専門で診ています:lol:

現在は出張整体のみ行っています!「下郡・鶴崎・高城・明野」エリアからのご予約が多いです 😉

出張整体ご予約フォーム

ご予約はLINEからでもできます↓

友だち追加

にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
にほんブログ村
Pocket