Pocket

なかなか治らない肩こり・・・実は、自律神経の乱れから起きている可能性があります!

今日は自律神経のお話をしますね 😉 

自律神経とは?

人間は「体性神経」と「自律神経」という2つの神経が全身にあります。

「体性神経」とは、自分の意思などで働く神経です。

例えば「暑い」「寒い」「痛い」等の感じたことを脳に伝えて、脳からの指令を全身に伝える働きをします。

「自律神経」とは、自分の意思とは関係なく働く神経です。

例えばこのようなことも自立神経に関わります↓

食べ物の消化

血圧や体温の調節

心臓や内臓を動かす

血管・瞳孔・汗腺機能の調整

↑生命を維持するのに重要な体の機能をコントロールしているのが自律神経です。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つの神経があります!

自律神経は2つの神経がある

交感神経の説明

この交感神経とは『活動する神経』と言われています。

血管の収縮

血圧の上昇

子宮の収縮

膀胱が広がる

胃腸の働きを抑制する

呼吸や心臓の動きが速くなる

この神経の特徴はイライラしている時にでます 🙁 

副交感神経の説明

この副交感神経とは『休む神経』と言われていています。

子宮が広がる

血管が広がる

血圧が下がる

膀胱が収縮する

胃腸の働きを活発にする

呼吸や心臓の動きが遅くなる

睡眠中(リラックスした状態)

この神経の特徴は休む(リラックス)時にでます 😕 

交感神経と副交感神経は対照的な働きを持っています。

交感神経が働くとき   →   副交感神経はお休み

副交感神経が働くとき  →   交感神経はお休み

2つの神経がバランスよく交互に働きます 😛 

こうすることで、人間の体は維持されているのです。

自律神経の乱れとは、この交感神経と副交感神経のバランスが崩れることを言います。

自律神経の乱れで肩こりになるのはどうして?

自律神経とは、2つの神経で成り立っていて、日中は交感神経が優位になって働き、夜間は副交感神経が優位になって働くというサイクルがあります 🙂 

この2つの神経は約12時間交代で交感神経と副交感神経が入れ替わり、バランスを取っていますが、自律神経に乱れがある人はこのバランスが崩れてしまい、交感神経が優位になったままの状態が続くのです 😐 

また、夜間に優位になって働くという副交感神経は、自然治癒能力を発揮するといわれており、日中に働いて疲労した筋肉や血管を寝ている間に回復させる神経です。

しかし、自律神経が乱れると、副交感神経の働きが妨げられるために、自然治癒能力があまり働かなくなってしまいます。

さらに、本来は日中に働く交感神経が、バランスを崩して過剰に働いてしまうことと、副交感神経との切り替えがうまくいかなくなり、交感神経が働き続けてしまうことに繋がります。

そして、血管や筋肉に疲労が溜まり、自然治癒能力が低下する為に肩こりの症状が解消されないのです 🙁 

自律神経のまとめ

自律神経の乱れが原因で、肩こりが解消されないこともあります。

上記でも『交感神経と副交感神経』のバランスの働きをお伝えしましたが、重要なのはいかに体の状態を副交感神経優位にするのかです。

副交感神経優位にする為にも生活習慣の見直しと良質な睡眠をとることです 😛

そうすることで、あなたの肩こりも解消されます 😛

参考までに!

最後までご覧いただきありがとうございます 😛 

もし、この記事が良いなと思った方は「シェア・リツイート・ブックマーク・いいね」をしていただけると嬉しいです 😉

Facebookで「シェアorいいね」していただけると、周りで苦しんでいる方へ知識の共有ができます ➡

はてなブックマークで「ブックマーク」すると、もう一度、読みたい時に続きから読めます 

Twitterで「リツイート」していただけると、周りで苦しんでいる方へ知識の共有ができます 😉

以上、まんかい整体院大分の投稿でした!

 

Pocket