Pocket

肩こり、腰痛でお悩みの方は一度、カイロプラクティックで施術することをオススメします!

カイロプラクティックの内臓反射テクニックが凄いのか?

今日はそんなカイロプラクティックのテクニックをご紹介しますね 😛

内臓の筋肉にコリが出来ると下垂する?

体が重くて睡眠をとっても取れない疲れ、整体やマッサージに行くと一時的に元気になってもまたすぐに疲れる 😳

そんな方におすすめなのがカイロプラクティック内臓反射テクニック”です!

通常、マッサージは疲労した肩腰などの筋肉をほぐすことで血流を良くして体の老廃物などを取り除いてラクにしますが、カイロプラクティック内臓反射テクニックは腹部から臓器を指圧したり内臓のコリをほぐし最後に頭蓋骨調整を施します 😛

体の内側から疲労を回復させるマッサージではできない治療法です 😆

胃や腸などの臓器は“平滑筋”(へいかつきん)と呼ばれる筋肉でおおわれています!

この“平滑筋”が硬くなると内臓が下垂して体の機能低下につながります :mrgreen:

内臓にコリを作る3大原因『睡眠不足、運動不足、冷たい物』

内臓の下垂の原因で一番、多いケースが『冷たい物』の取りすぎによる内臓の冷えです 😥

ほとんどの臓器が筋肉でおおわれ、筋肉が冷えてしまうと硬くなり内臓を本来あるべき位置よりも下へ下へと下げてしまいます 😥

他にも運動不足、睡眠不足、ストレスが内臓下垂の要因となります 😳

内臓機能を高める為には有酸素運動がオススメです 😆 

睡眠は内臓機能を高める為に重要!

睡眠は体の回復機能を整え下垂してしまった内臓をきちんと元の位置に戻すことができるためです!

つまり、睡眠不足の日が多い人、冷たいものをよく摂取する人、運動不足な人は内臓にコリが生じて下垂しそれが原因で体に不調を起こしている可能性があります 😳

腎臓は腰、肝臓は右肩!臓器の不調が体を硬くする?

たとえば、内臓が機能が低下すると肩こりを発症しやすくなります。

臓器は体のあらゆる筋肉や神経と密接に関係しています!

これは関連痛と呼ばれるもので体のある部位の痛みを別の部位の痛みと脳が勘違いして起こる症状です。

神経は脳に向かって太い束になっており、体の末端から下にいくほど細かく枝分かれしています!

太い束の神経が刺激されると神経も刺激されていると脳が勘違いを起こすのです 🙁

実は体の痛い部分でどこの機能が低下しているのかが分かります

上腕部、左前胸部、肩、首、顎、腹部に痛みがある心臓の病気(心筋梗塞・狭心症・心不全など)

みぞおち、右肩のコリや痛みがある場合

胆のうや肝臓の病気(胆石症、肝炎など)

胃や十二指腸の病気(潰瘍など)

左肩のコリや痛みがある場合

膵臓の病気(膵炎、膵臓がん)

肺や気管支の病気(胸膜炎、肺炎など)

腰に痛みがある場合

腎臓の病気(腎結石、尿路結石など)

ほとんどの場合は腰痛や背中の張りが内臓の不調から来ている場合があります!

上記の場合は腰痛や背中の張りをマッサージしたところで一時的に症状が改善しても、硬くなっている要因が内臓なので、またすぐに痛みやダルさがでてきます 😳

そんな治りにくい症状には”カイロプラクティックの内臓反射テクニック”をすることにより臓器の機能が回復を早めることができます 😆

参考までに!

最後までご覧いただきありがとうございます 😛 

もし、この記事が良いなと思った方は「シェア・リツイート・ブックマーク・いいね」をしていただけると嬉しいです 😉

Facebookで「シェアorいいね」していただけると、周りで苦しんでいる方へ知識の共有ができます ➡

はてなブックマークで「ブックマーク」すると、もう一度、読みたい時に続きから読めます 

Twitterで「リツイート」していただけると、周りで苦しんでいる方へ知識の共有ができます 😉

以上、まんかい整体院大分の投稿でした。

 

Pocket