Pocket

膝の水は抜くな!

膝に水が溜まって痛い・・・

こうなるとどうしていいか分からない方も多いんじゃないでしょうか?

でも、水が溜まっていたら病院でとりあえずその水を抜けばいいのでは?

と思われる方がほとんどです 😥 

 

しかし、あなたはこのようなことを聞いたことがありませんか?

水を抜くと癖になる!

 

これは本当で、治療が適切じゃないと何度も水を抜くことになります。

膝に大きい注射針を刺すだけでもかなりの痛みを伴います 🙁 

今日はあなたが、膝に水が溜まった時の対策法をご紹介しますね 😉 

 

膝に水が溜まるとは?

「膝に水が溜まる」とは、膝の中の滑液(潤滑油)が何らかの原因で増えすぎた状態のことを言います。

膝の滑液の流れが滞り、膝が腫れてしまうのです 😥 

 

膝に水がたまっているかチェックする方法

まず初めに一方の手で、膝の上部を膝のお皿の方に向かって押さえましょう!

次にもう一方の手で、膝のお皿を上から軽く押します。

この時に膝に何か入っているような違和感があれば、水(関節液)や血液がたまっている可能性があります 🙁 

 

 

膝に水がたまる原因とは?

膝に水がたまる原因は膝の関節に炎症が起こるためです。

例えば、捻挫すると足首パンパンに腫れますよね?
*足首の捻挫と同じようなイメージです

なぜ、膝に水が溜まるかというと、膝の炎症を抑えるために体の水分が膝に集中するからです。

もともと体の中の水分が膝に一時的に集中しているだけなのでわざわざ水を抜かなくても炎症がなくなれば水は体に返っていきます。

例えば『火事が起きている時、火の勢いを抑える為に水で消火活動をしますよね?』

膝にも一緒のことが言えるのです。

膝に火事が起きているので、体の水分が膝に集中して消火活動をしているのです。

 

炎症が起こる → 膝に水が集まる

炎症がなくなる →膝の水が体に戻る

後、膝の症状で多いものはコチラです↓

☑変形性膝関節症

☑膝蓋前滑液包炎

☑半月板損傷

上記の症状が多いです。

 

膝に水が溜まった時の対処法

安静にすること

膝に水がたまると関節に負担がかかり動きが悪くなります 😳 

しかし、ここで痛みがないからといって動きすぎると、またすぐに水がたまります 🙁 

ただ、どうしても安静にしてはいられない・・・

そういう人は膝のサポーターを着けて膝への負担を減らしましょう!

 

アイシングをすること

もし、膝の腫れがいつまでたっても良くならないなら、体の中の水分だけでは熱を下げることができないのです。
上記の場合は膝へのアイシングが必要になります。

ただし、長時間冷やし過ぎないように気をつけること!

冷やすときの目安は一日に2回くらいしましょう 🙂 
*一回3分ほど行ってくださいね 😆 

 

まとめ

もし、あなたの膝に水が溜まった場合、上記の方法を試してみてくださいね 😉 

病院で何度も水を抜いている方は参考までに(^^♪

後、膝には『グルコサミン』が良いと言われていますが、10年間飲んでいる方でも治らない人もいます。

個人的な意見としてはグルコサミンを飲んでも意味がないと考えています。

皆さん、参考までに!

 

以上、大分市で整体×カイロプラクティックを混ぜた根本治療を得意とするバード整体院の投稿でした!
当院は『肩こり・腰痛・膝の痛み・自律神経の乱れ』を専門とする整体院です 😆 

いつも最後まで見ていただきありがとうございます 😛

もし、この記事が良いなと思った方は「シェア・リツイート・ブックマーク・いいね」をしていただけると嬉しいです 😉 

Facebookでシェアorいいねしていただけると、周りで苦しんでいる方へ知識の共有ができます ➡

はてなブックマークでブックマークすると、もう一度、読みたい時に続きから読めます 💡

Twitterでリツイートしていただけると、周りで苦しんでいる方へ知識の共有ができます 😉

カイロプラクティック「にほんブログ村」をぽちっと押して頂けるとブログをもっと頑張れます 😆

整体のご予約は下記をクリック↓↓↓

Pocket