Pocket

皆さんも一度は経験されたことがあるのではないでしょうか?

朝起きたら「首が動かない!」「肩が痛い!」「腕があがらない!」など・・・

しかし、寝違えはいつ起こるかわからないのが事実です 😥 

もし『寝違えに』なった時に、慌てず対処できる方法をご紹介します 🙂 

寝違えは何故起きるのか?

寝違えの原因

人は寝る時に寝返りをして、体の負担にならない体勢を自然にとります。

しかし、何らかの原因で自然な体勢に戻らず、長い時間体に負担のかかる姿勢をとっていたことで、首や背中の血流が悪くなり寝違いになるのです 😥 

特に肩こりがある方は血流が悪いので寝違えになりやすいです。
時期的には11月~3月くらいが一番、発症しやすいです。

寝違えの原因

枕の高さがあっていない場合や、お布団の重さなども関係があります。
*大量のアルコール摂取など、泥酔状態で熟睡した際に寝違いを起こすこともあります。

また、ストレートネック(首の骨が湾曲していない状態)など、PCやスマートフォンに向かう時間が増えたことも原因の一つとして考えられます。

そして、日常生活での姿勢の悪さや運動不足、身体の柔軟度の低さ、睡眠の環境を整える意識の低さなども要因のひとつです

また、ストレスが原因で睡眠の質が下がり、寝返りをうたない状況を作りやすくなってしまう場合もあります。

自分の私生活をみつめなおしましょう。

寝違えになった時の対処法

患部を冷やすこと

一番、大切な項目ですね 😉 

なぜ、寝違えの時に冷やした方が良いかというと、寝違え=急性的な症状だからです。

急性的な症状の場合、患部が熱をもっています 😳 

例えるのであれば「火事」と同じです。

当たり前の話ですが、火事になった時にはいち早く放水して消火活動をしますよね。

それと一緒でとにかく痛い部分を冷やすことが一番重要です。
*患部を15分くらいアイシングするだけでも、多少は違ってきます。

寝違えになった時には、必ず「アイシング」をしましょう!

安静にすること

基本的に安静にすることが大切です。

しかし、仕事がある方などは安静にできないことが多いです 😳 

もし、会社にアイスノン等、あれば患部を冷やした方がいいですが、ない場合は冷シップを貼ると良いでしょう。*一番の理想は「会社を休むor整体に行く」です。

痛い状態で会社に行くと、仕事の効率も悪いですし、周りの同僚なども心配するはずです。

寝違いがきっかけで「肩こりがひどくなる」ことだってあるので何事も早めがいいです。

最後に整体院に行かれる時の注意事項です!

行かれる際はに気を付けて欲しいことは、事前にTEL予約することです!

たとえば痛い状態のまま、待合室で長時間待たされても辛いですよね

事前に症状を伝えた上で早く治療をしてくれる院を探しましょう 😉 

後、病院では基本的に寝違いは治りません。
*シップを渡されて終わりの場合がほとんどです 😥 

絶対に揉まないこと

これも重要です!

痛いから「揉んだら治る」と思って、揉んだら逆に悪くなった・・・

しかし、これは“寝違えを悪化”させる原因のひとつです。

絶対に急性的な症状は痛い部分を『触らない』ことを忘れないようにしてくださいね。

整体院での治療が一番早く治ります!

実際に私が現場で寝違えの方をどのように治すのかご紹介します!

脇の下の筋肉(腋窩神経)を緩める治療

寝違いは首が回らない症状がほとんどですが、実際は首よりも腋窩(えきか)神経を緩めることでかるくなります。

腋窩神経の部分はコチラです👇

腋窩神経は首の筋肉に繋がっており、この部位が圧迫されると痛みは神経の繋がっている筋肉に発生します。

つまり、腋窩がかたくなることで痛みにつながります。
*腋窩のコリを解消すれば、腋窩神経の圧迫が改善され首の筋肉の痛みもなくなります。

私は今までに100人以上の寝違えの方を治療してきましたが、この施術だけで9割以上の方はよくなります

寝違えのまとめ

もし、あなたが寝違えになった時に慌てずに対処できれば早めに治すことができるはずです!

治療院にいくことも大切ですが、まずは自分で早めの処置をすることが重要です。

寝違えだからそのまま安静にしていたらそのうち治るだろう・・・

なんて思わないでください!

寝違えもギックリ腰と同じで「クセ」になりやすいです 😥 

一度、経験するとまた数か月後になってしまうこともあります 😳 

生活習慣の見直しだけで寝違えを未然に防ぐことだってできます。
自分の習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

もし、時間があればこちらの「寝方」をご覧ください 🙂 

実は肩こり、首のこりに効く『あなたにオススメ』の寝方で紹介しています 🙂 
*これを実践すると寝違えになりにくくなりますよ(^^)

参考までに!

最後までご覧いただきありがとうございます 😛 

もし、この記事が良いなと思った方は「シェア・リツイート・ブックマーク・いいね」をしていただけると嬉しいです 😉

Facebookで「シェアorいいね」していただけると、周りで苦しんでいる方へ知識の共有ができます ➡

はてなブックマークで「ブックマーク」すると、もう一度、読みたい時に続きから読めます 

Twitterで「リツイート」していただけると、周りで苦しんでいる方へ知識の共有ができます 😉

以上、まんかい整体院大分の投稿でした。

 

Pocket