Pocket

本日は、2月20日(火曜日)ですね!

大分はまだまだ寒い時期が続きそうですね 😳

そして、この時期になると必ず多くなる症状があります。

それは『慢性的な腰痛、肩こり、座骨神経痛』です。

なぜ?寒い時に上記の症状が出やすいかというと「寒い時期は血流が悪くなり、筋肉が硬直」しやすくなる為です 😳

でも、そんなあなたの強い味方になる『この時期ならではのアイテム』があります!

今日はそんなあなたに今すぐできる「慢性的な腰痛、肩こり、座骨神経痛」に効く方法をお伝えします。

慢性的な腰痛にはホッカイロが効果的

ホッカイロを一度は使用したことがあるとは思いますが、今回オススメしたいホッカイロは貼るタイプです。
*こすらなくても温かくなるタイプ

イラストのように手でこすらないと温かくならないタイプでは腰を温めることはできません。

腰を温めるのに適しているのが貼るタイプとなります!

ホッカイロを貼るタイミングは朝起きてからすぐが一番効果的です。
*寝起きは血流が悪いためです。

寝る時に貼ったままにしておくと「低温やけど」の原因にもなるので注意が必要です 😉

そして、慢性的な腰痛には「○○関節」にホッカイロを貼ると効果的なんですよ:-)

慢性的な腰痛は○○関節にホッカイロを貼ろう!


○○関節とは仙腸関節というポイントになります。

特に腰痛、座骨神経痛の方は仙腸関節周りを温めると症状が楽になります。
*重症だと効果がでない場合もあります。

腰痛、座骨神経痛のほとんどの症状が腰椎・仙骨の歪み、神経根の圧迫、血流が悪いことが原因で症状が出やすくなるのです 😥

しかし、歪みや神経根の圧迫は自分で改善する為に色々されても緩和されないことがほとんどです。
*ゼロに近いです。

したがって、まずはご自身でホッカイロなどを使用されて様子を見てそれでも改善されない場合は整体やカイロプラクティック院に受診されることをおすすめします。

慢性的な腰痛、肩こり、座骨神経痛まとめ

今回はこの時期ならではの自宅ケア方法をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

整体院、カイロプラクティック院に行かなくて済むようになれば幸いですが、慢性的な症状に陥るとホッカイロだけでは足りない場合が多くなってきます。

慢性=慣れです。痛みを感じているうちは心配ない場合もありますが、逆に痛くないから悪くないのか?なんてこともありません!

むしろ、痛みを感じていたけど痛みになれている場合の方が、痛みを感じている方よりも危機感をお持ちになられた方がいいです。

あなたは「ぬるま湯のカエル」という有名な話をご存じでしょうか?

この話を慢性的な症状の方にイメージして読んでください↓

例えば、カエルをいれた器に熱いお湯を注ぐとカエルは熱さにビックリして慌てて外に飛び出し助かることができます。

しかし・・・

冷たい水をいれ、少しずつ熱いお湯を注いで行くと冷水が徐々にぬるま湯となり、心地よくなり飛び出すことができなくなるのです。

従って、その心地よさにいつまでも浸ってしまい温度が上がっても逃げ出せず、最後は茹で上がって死んでしまうというものです。

急激な環境の変化(急性的な症状)には反応して命は助かったが、のんびりとした環境(慢性的な症状)の変化には反応が出来ずに

死に至る程の熱さになっていることに気づかず、飛び出すタイミングを失って熱湯の中で茹で上がって死んでしまったわけです。

何事も慣れてしまうと現状に気づきにくくなります 😥

人はこのカエルのように死んでしまうことはありませんが、この状態を例えるとしたら「入院・手術・ガン」だと思ってください。

参考までに 😆 

最後までご覧いただきありがとうございます 😛 

もし、この記事が良いなと思った方は「シェア・リツイート・ブックマーク・いいね」をしていただけると嬉しいです 😉

Facebookで「シェアorいいね」していただけると、周りで苦しんでいる方へ知識の共有ができます ➡

はてなブックマークで「ブックマーク」すると、もう一度、読みたい時に続きから読めます 

Twitterで「リツイート」していただけると、周りで苦しんでいる方へ知識の共有ができます 😉

以上、まんかい整体院大分の投稿でした!

 

Pocket