Pocket

ストレッチの注意事項

ゆっくりとストレッチを行うこと

いろいろなストレッチの方法がありますが、ここで言うストレッチは静的ストレッチのことです 🙂 

動きを止めて、ゆっくりおこないましょう!

ここで注意事項です 💡 

反動をつけて無理に筋肉を伸ばそうとすると、逆に筋肉を痛めてしまうこともあります。

筋肉が伸びている感覚を味わう

形だけ真似をするのではなく、ストレッチを行なっている最中に、どの筋肉が伸ばされているのかイメージしながら意識することが大切です!

ただ伸ばすのと「イメージしながら伸ばす」のでは3倍以上も効果が違います。

そして、人によって筋肉の状態はまったく異なります 😉

筋肉が硬い人と柔らかい人では、同じ筋肉をストレッチしていたとしても筋肉をしっかり伸ばすことが大切ですので、形にとらわれる必要はありません!

一番大切なことは、筋肉が伸びていることを感じながらストレッチをすることです 😛

入浴後にストレッチをすること

筋肉が温まり、血行も良くなっているので、伸びやすくなっています!日頃の習慣としてぜひ取り入れましょう。

入浴後は血流が良くなっているので、ストレッチ効果も高まりますよ 😛
*伸ばしすぎは筋繊維を傷つけてしまい逆効果です :mrgreen:

ストレッチング 背腰部編

①ストレッチ

 

“肝心要の腰”と言われているように、立っているのにも、歩くのにもいろいろな行動をとるうえで、腰にはかなりの負担がかかります。腰部から背部は、特に時間をかけて丁寧に行いましょう 😛 

すでに障害がる人や腰痛を感じる人は、痛みがないかチェックしながら、徐々にゆっくりと伸ばしていきましょう 🙂 

②ストレッチ

前屈の姿勢で足首をもって始めます!

姿勢が安定するように膝はゆるめ、腰を引きながら上体を膝の間に持っていき腰を気持ちよく伸ばします 😉 

③ストレッチ

脚をクロスさせ、立てた膝の後ろ側を押さえながら上体を逆方向に捻る。痛みを感じるなど刺激がある場合は中止する。

④ストレッチ

前両膝を抱えて息を吸い、吐きながら胸にゆっくり引き寄せる。もう一度息を吸い、吐きながら膝と額を引き寄せる。

⑤ストレッチ

 

背中をまっすぐに伸ばして、腰をかかとにつけるような気持ちで後方に引き、肩と額を床に近づける。次に腰を大きく伸ばしてストレッチをする。

⑥ストレッチ

強い弾みを使わずに、首、肩、腰に快い刺激が伝わってくることを確認しながら伸ばしていく。

まず、脚をあげ、次に両手を腰に当て、次に両手を離す。一つ一つゆっくり伸ばしていきましょう!

上記の①~⑥のストレッチを10秒~20秒行いましょう 🙂

上記の①~⑥のストレッチを2~3セットくらい行ってくださいね 😆 

腰痛のまとめ

ストレッチは基本的に毎日する方が、効果的です 🙂
*ストレッチは毎日しないと効果が出にくいのです。

ストレッチを続ける事が困難な理由はたくさんあります 😥

時間がない、体が固い、効果が出ない、忘れる等の理由が考えられます。

下記に対策を述べているので確認されてください↓

時間がない場合はこのようにしてください!

まずはご自身の一日のスケジュールを把握する事です。

例えば、朝7時起床~朝食7時15分~出勤7時30分~就寝23時半のように細かく書きましょう!

書いた後にあなたは気づくはずです!

時間は以外にあります!

一日、24時間あるうちのたった5使うだけで肩こりが解消できるならする価値はあるはずです。

ちなみに、5分のストレッチは一週間で35分、一ヶ月で150分です。

150分ということは一ヶ月でなんと『2時間30分』もの時間をストレッチにあてることができます 🙂 

時間はないものではなく”作るもの”です。

体が固い人はこのよう考えましょう!

まず、固いことを責めないでください 🙂 

最初は皆、固いですよ 😛

自分の固さを受け止めましょう!

なかなか思うように柔らかくはないですが、それだけ筋肉に負担をかけていたんだなと感じてください 😆 

毎日、ストレッチをすると『必ず小さい変化』が起きます。

例えば、寝起きが良くなった、肩こりが減ったような気がする、ストレッチをしやすくなった等、の変化があります。

その日々の小さな変化に気づくことができるのと、できないのでは雲泥の差がでます 🙂

何事も最初は上手く行きません!だからこそ、上手く行った時に人は喜びを倍以上感じるのです。

ストレッチだけではありませんが、日々の小さい変化(成功体験)が幸せな人生への一歩です:-P 

効果がでないときはこうしましょう!

目先の効果だけおっても意味がありません!
一時的な変化なら簡単に出せます。

しかし、永続的にはつながりません 😥 

だからこそ上記で述べたように「小さい変化(成功体験)」を楽しむことです。

忘れる場合はどうすればいい?

私も悪れることがあります!

人間は『一日経つと74%忘れます

ここで、有名な話「エビングハウス忘却曲線」のグラフをご覧ください↓

20分後に42%忘れて、一日後には74%忘れてしまう 😐 
※1時間後には半分以上忘れています。

この図を見ると何かするのが嫌になりますね・・・

ですが、忘れてしまうことを受け止めましょう!

環境を変えるってどういうこと・・・

会社を辞める?引っ越す?友だちに頼む?等、手段はたくさんあります。

ここで私が実践している方法をご紹介します 😛 

この方法はストレッチ以外にも使える使えるので、参考にされてくださいね 🙂 

これであなたは100%忘れません!

用意してもらう物は「紙とペンとセロハンテープ」だけでいいです!

紙にこのように大きく書いてください!
*できるだけ”大きく”書くことがポイントです!

イメージ☟

①お風呂上りに5分だけストレッチをする

②職場で足を組まないようにする

③猫背を注意する

↑みたいな形でA4用紙などに書くといいです 🙂

最後にこれを貼るところが大事です!

私がやった方法としては「トイレ」に貼る!
私は朝、起きたら必ずトイレに行きます。

トイレに入った時に自分が書いた紙を見ることで忘れずに済みます!

しかし、トイレでも忘れてしまうわ・・・

だった場合はこうしてください!

玄関に貼る、携帯の待ち受けにする、家のテレビに貼る」これなら絶対に忘れることはありません。
何かをする時には、ご自身の環境を変えること以外変わることはないのです 🙂

参考までに!

最後までご覧いただきありがとうございます 😛 

もし、この記事が良いなと思った方は「シェア・リツイート・ブックマーク・いいね」をしていただけると嬉しいです 😉

Facebookで「シェアorいいね」していただけると、周りで苦しんでいる方へ知識の共有ができます ➡

はてなブックマークで「ブックマーク」すると、もう一度、読みたい時に続きから読めます 

Twitterで「リツイート」していただけると、周りで苦しんでいる方へ知識の共有ができます 😉

以上、大分市で”慢性的な肩こり・腰痛に特化した施術が得意な、まんかい整体院大分の投稿でした!

Pocket