Pocket

現代病ともいわれている『腰痛』ですが、今回は特に腰痛になりやすい職業トップ3をご紹介します。

3つの職業には腰痛になりやすい共通点があったのです!

今回のブログで、仕事で気を付けるポイントがわかります。

①抱っこが原因で腰痛になる

保育士

保育士は腰痛になりやすい職業の一つとして挙げられます。

子供の抱っこなどを毎日行うことで、腰に疲労が蓄積されて腰痛へと繋がるのです 😐 

整体やカイロプラクティック院にも多くの保育士の方が来院されます。

②立ちっぱなしが原因で腰痛になる

美容師

美容師は立ちっぱなしが多く、腰への負担も増えます。

また、重心を片足にかけることが多いので、腰への負担もさらに増えるのです 😐 

美容師さんに腰が痛む仕事の姿勢はどれですか?と聞くと一番多いのが『シャンプーをしている時』でした!

シャンプー中は中腰になるので、腰が痛くなるという方が多いです 🙂 

③抱えることが原因で腰痛になる

看護師

看護師の方は、一日立ったまま、あるいは歩きっぱなしという仕事環境は、かなり腰に負担がかかります。

毎日の入院患者の検温や看護では、ベッドに屈む姿勢が多くなり腰への疲労が蓄積されて腰痛へと繋がるのです 😥 

3つの共通点とは?

保育士、美容師、看護師さんは『同じ姿勢が多い』という共通点があります。

同じ姿勢が続くとで、腰まわりの筋肉が固まり腰痛を発症してしまうのです。

3つの職業の場合、仕事の合間などにストレッチをしたり深呼吸をしたりするのも効果的です。

腰痛対策のまとめ

皆さんいかがでしたか?

今回は3つの腰痛になりやすい職業をご紹介しましたが、基本的に腰痛はどの職業でもなります。

腰痛を防ぐために需要なことは『同じ姿勢をできるだけ続けないこと』です。

そして、ちょっと腰に違和感があるな・・・と思った時に早めに整体やカイロプラクティック院に行くことです。

症状が比較的、軽い場合はすぐに治りますが、腰痛が悪化すると治療時間も治療費も2倍以上かかるようになるのです(+o+)

あなたがもし、現在腰が少し痛いと感じられているのであれば、早めの治療をオススメします。

参考までに!

最後までご覧いただきありがとうございます 😛 

もし、この記事が良いなと思った方は「シェア・リツイート・ブックマーク・いいね」をしていただけると嬉しいです 😉

Facebookで「シェアorいいね」していただけると、周りで苦しんでいる方へ知識の共有ができます ➡

はてなブックマークで「ブックマーク」すると、もう一度、読みたい時に続きから読めます 

Twitterで「リツイート」していただけると、周りで苦しんでいる方へ知識の共有ができます 😉

以上、大分市で”慢性的な肩こり・腰痛に特化した施術が得意な、まんかい整体院大分の投稿でした!

 

Pocket