Pocket

腰痛は姿勢が大事!

私生活の何気ない姿勢があなたの腰痛を悪化させる?

こんにちは!バード整体院です 😆

今日は腰痛になりやすい方の特徴をお話しします!

まず、腰痛になりやすい人とは?

腰痛は国民病とも呼ばれています 😥 

腰痛になってからその原因を思い返すと、あの動きが・・・姿勢が・・・と、思い当たる節があるはずです。

ちょっと気をつけていれば防げたものを、一瞬の気の緩みから、長く続く腰痛に悩まされることになってしまうのです。

こんな人はなりやすい【同じ姿勢が多い人】

工場のライン製造など、その場に立ったままで長時間作業する人は、筋肉が疲労してしまい、椎間板にも負担がかかるので、腰痛が起こりやすくなります 😳

座っている方がラクに見えますが、座りっぱなしの体勢は立ちっぱなしよりも椎間板にかかる負担が大きくなり、やはり腰痛を起こしやすい体勢と言えます(‘ω’)

長時間座ったまま【同じ姿勢が多い人】

オフィスで仕事をしている方や車の運転が多い営業職の方などは腰痛持ちが多いことからもお分かりのように、長時間座ったままの姿勢は腰痛になりやすいと言えます 🙁 

立ちっぱなしよりも注意が必要です 😥

腰痛の 一番の原因は姿勢が問題?

PCを使って仕事をして長時間座るにしても、正しく座っていれば問題ないと思っている人もいるようです 🙁 

腰に負担をかけないように座ることの出来るグッズなども数多く販売されていますが姿勢も大切です!

腰痛にとってネックになるのは『長時間、同じ姿勢で座っている』と言うことです!

いくら姿勢よく座っていても長時間、同じ姿勢を続けると言うことは、限られた筋肉や骨格に負荷が継続的にかかると言うことです!

椎間板などで負荷を軽減しようとする働きが体にはありますが、継続的に負荷がかかるとそのバランスが崩れてしまいます。

その状態が継続されることで負荷がかかっている筋肉は固まってしまい、負荷軽減の起こっている筋肉は弛緩したままになり、筋力も低下してしまいます 😳

最後に主婦の方も注意が必用です!

家庭で家事をこなす主婦の人も、蓄積型の腰痛になりやすいと言えます。

料理や掃除で前傾姿勢を継続してとることが多く、デスクワークと同じ原理の負荷が腰周辺にかかってしまいます 😥

家の中を動き回って掃除機をかけたり拭き掃除をしたり、洗濯をして干し、取り込んでたたみ、家族のために料理を作る 😉

一見動き回っているので座りっぱなしより楽なのではないかと思いがちですが、動きながらも腰にかかる負荷は常に継続しているので、デスクワークで座りっぱなしでいるよりも肉体疲労は大きくなります 😥

力仕事をしているわけではないからと油断をすると最終的には腰痛として症状が表れますので注意が必要です!

男性は女性の手助けをしましょうね 😆

 

皆さん、参考までに!

以上、大分市で整体×カイロプラクティックを混ぜた根本治療を得意とするバード整体院の投稿でした!

当院は『肩こり・腰痛・膝の痛み・自律神経の乱れ』を専門とする整体院です 😆 

 

いつも最後まで見ていただきありがとうございます 😛

もし、この記事が良いなと思った方は「シェア・リツイート・ブックマーク・いいね」をしていただけると嬉しいです 😉 

Facebookでシェアorいいねしていただけると、周りで苦しんでいる方へ知識の共有ができます ➡

はてなブックマークでブックマークすると、もう一度、読みたい時に続きから読めます 💡

Twitterでリツイートしていただけると、周りで苦しんでいる方へ知識の共有ができます 😉

カイロプラクティック「にほんブログ村」をぽちっと押して頂けるとブログをもっと頑張れます 😆

整体のご予約は下記をクリック↓↓↓

Pocket